論理学FAQのブログ

授業でもらったコメントに対して書いたリプライを、ブログ形式に編集しました。

森田真生『計算する生命』

www.shinchosha.co.jp

本書所収の論考が『新潮』に連載されているのを読んだとき、わりと興奮したのを覚えています。つねづね自分がおもしろいと思っているポイントをみごとに捉えていたからです。それらの論考がこうしてまとまって出版されたことをうれしく思います。

ちょうど久保明教さんの『機械カニバリズム』が出版された頃とも重なっていたと思います。こういった刺激的な作品を読んで、自分のなかでも焦点が合ってきた気がしていた時期です。

 

ともあれ、計算やテクノロジーによる私たちの自己変容がテーマです。自己変容というのは、計算やテクノロジーが私たちを変えてしまうというよりは、私たちにはどうも、計算やテクノロジーに触れるなかで、自ら変わろうとしてしまうようだ、というニュアンスです。

小石や粘土板から始まって、図や式、さらには電子計算機まで、私たちはさまざまなデバイスを操って(広い意味での)「計算」をしています。計算のいいところは、操作に一定習熟してしまえば、意味がわからなくても答えが出るところです。これ自体、人類の大きな発明であるわけですが、それにもましておもしろいのは、機械的な操作に身を委ねつつも、やはり人間はその計算の意味を「わかろう」としてしまうところです。そして、わかろうとしているうちに、私たちの認知や直観や概念や、そういったものが変わってしまう、というところです。

『機械カニバリズム』で描かれた将棋AIと棋士のあいだの折衝において、もっとも印象的だったのは、どうにも「わからない」AIの指し手の感覚を自ら体得しようともがく棋士の姿でした。『計算する生命』では、自律的に展開していく計算を「わかろう」とするなかで押し広げられていく、私たちの生命の可能性が生き生きと描かれています。

 

ここで我田引水するなら、『計算する生命』のエピグラフでも使われているハッキング。彼が提示する「デカルト対ライプニッツ」という図式も、森田さんの「「わかる」と「操る」」と深く関係するものと読めるでしょう。

また、本書のような広く読まれる本のなかで、これだけフレーゲが大きく扱われているのはとても嬉しいことですが、そこで引用されている「種子の中の植物のようにであって、家屋の中の梁のようにではない」という比喩は、ウィトゲンシュタインを経由して、ダメットの証明論的意味論に大きな影響を与えています。

本書でも大御所カントの「アプリオリな総合判断」にかんする議論が引かれていることからもわかるように、この「計算を通じた自己変容」というのは、論理や数学の哲学のど真ん中トピックだと思っています。ハッキング風に言うと「perennial」な(姿を変えながら繰り返して現れてくる)トピック、でしょうか。本書はそれをとても鮮やかに描いてくれています。

自分の仕事はこのトピックを、論理学の具体的な言葉に落とし込んで、なるべく厳密に説明をつけていくというところなのかなと思ってます。

 

さいごに、終章「計算と生命の雑種」について。この前会ってお話させてもらったときに、『新潮』での連載時といまとではかなり自分の重心が移ってしまって…とおっしゃってましたが、それが現れているのがこの終章なのかなと思います。

私としては、ここでの森田さんはちょっと「正しすぎる」ように感じました。

計算がおもしろいのは、すでに決まっている正しさの基準に沿って操作すれば大丈夫だからではなく、むしろ、私たちの正しさの基準を思わぬ方向へ押し広げてしまうような不思議な力をもっているからです。

そのはずなんですが、終章の議論はどうしても、すでに決まっている正しさに収斂してしまうような息苦しさがあります。「謙虚」や「応答可能性(責任)」というキーワードがそれを示しているように思います。

これはおそらくは、森田さんの責任というよりは、どんどんエシカルになろうとしている社会に対する、私の息苦しさにすぎないとは思いますが、でも、もう少し「わからない」方向へ進めないもんですかね。

帰ってきたオンライン講義YouTube配信実録

ごぶさたしておりますが、夏に続いて、大学でYouTubeライブでの公開講義配信をやりました。気づいたことを少しだけ書いておこうと思います。

以下が一連の講義の再生リストです。おもしろい講義満載なので見てください。

youtube.com

ここでは主にテクニカルな側面について書くわけですが、講義のフォーマットも機材の構成も、基本的に夏と変わっていません。夏の機材構成はこれ:

takuro-logic.hatenablog.com

今回の構成はこんな感じです:

f:id:takuro_logic:20210330225745j:plain

前と同じと言いつつ、機材の中身はほぼまるごと変わっていたりします。アップデートポイントはこちら:

  • カメラがフルサイズになりました(A7siii)。めちゃきれいです。
  • 比較的いい照明を買いました(GODOX SL150WII)。カメラより大事なのはこちらかもしれません。
  • 配信用PCはMacではなくWindowsのゲーミングPCにしました(ASUS ROG Zephyrus 14)。OBSで配信しながら録画もしても、びくともしません。

並行してiPhoneからツイッターライブも流していて、そちらを見た方から「iPhoneカメラの映像のほうがオンライン講義っぽくていい」という声も聞こえましたが…。私としては映像は「っぽく」したくなかったんですよね。

ところで夏にあんなに悩まされた音ズレはいっさい起こりませんでした (マイクは前と同じWireless Goです)。ウィンドウズだからでしょうか。OBSのビットレートの問題だと思うんですが、WinとMacではちょっと挙動がちがうような。。

ということでポイントは「いい照明を買え」「ゲーミングPCを買え」の2点です。

 

こちらのシリーズ終了後、自分の論理学の集中公開セミナーも配信しました。昨年度がちょうど、コロナでのオンライン対応の先駆けとなった配信だったので、感慨深いものがあります。

takuro-logic.hatenablog.com

今年度の再生リストです。中身もおもしろいので見てください。

youtube.com

技術的に新しくやってみたのはクロマキーです。サンプルとして講義紹介の動画を:

youtu.be

合成自体はAtem Mini Proでやっています(録画はOBS)。Elgatoの自立型グリーンスクリーンAmazonで検索したら在庫があったのでカッとなって買ってしまいました。

顔が出てるからといって何だという声もあろうかと思いますが、新年度の講義動画もこれで作ってやろうかと思ってます。

 

授業動画公開:直観主義論理(3)(4)

直観主義論理シリーズ第3,4回です。予想通り、6本で終わりそうです。今回の2本はテクニカルな説明がメインでわりと無味乾燥でしょうか。

前期からやってきて、帰納法による証明をようやく導入しましたが、ちょっと遅い気もしますね。でも、前期の内容(古典論理・様相論理)だと、ありがたみのわかる場面があんまりないんですよね。

わたし自身は帰納法を使えるようになったときに初めて論理学がおもしろいと感じるようになったので、学生さんもそうだとうれしいんですが、どうでしょうね。

youtu.be

youtu.be

授業動画公開:直観主義論理(1)(2)

引き続きの授業動画です。今回から直観主義論理です。ほんとは証明論でやりたいんですが、モデル論でやります。分量的には6本くらいになるでしょうかね。

レジュメ

直観主義論理

動画

youtu.be

youtu.be

授業動画公開:厳密含意の論理

2020年度の後期授業が始まりました。コロナをめぐる状況も徐々に変わっていますが、前期と同じように授業動画を作って、共有させてもらおうと思います。

後期は厳密含意から始まります。

レジュメ

「正しい論理」を求めて:厳密含意の論理

動画

youtu.be

youtu.be

次回は直観主義論理、その後は多値論理、関連性論理、様相演算子としての否定(否定様相の論理)と続きます。

オンライン講義YouTube配信実録(11)―おまけ:機材・設定編

ありがたいことに、オンライン講義配信の技術的なことについて、学内で問い合わせをいただく機会が多くなってきました。そこで、機材や設定について少し細かくまとめておくことにします。すでに

takuro-logic.hatenablog.com

takuro-logic.hatenablog.com

takuro-logic.hatenablog.com

あたりにまとめてはいますが、改めてということで。いろいろ問題解決、改善など経た上での最終版です。まだベストとは言えませんが。

どういうタイプの講義を配信しているのかについてはこちらから見てください。シンポジウムとか違うタイプのイベントの配信はここからカスタマイズが必要になります (これから2つほどそういうイベントが控えています…)。

ハードウェア

画像のように配線します。講師の先生は自分でスライドを操作します。スライドの映像とカメラ(マイク音声含む)映像の2回線をAtem Mini Proに入力し、そこからMBPに入力します。Atem Mini Proは回線やPicture in Pictureの切り替えに使用します。

カメラは最初Lumix G8を使っていましたが、どうもきれいな映像にできなかったので、私物のA6400に変えました。気づいた人いるでしょうか。Atem Mini Proは4K入力は受け付けますが、出力は1080pなので基本的にすべて1080で動かしました。4K配信やってみたい!

ですが、じっさい多くのYouTuberが強調するように、だいじなのは映像より音声です。講義やセミナーであれば絶対にピンマイクをおすすめします。Wireless Go+AT9904は安心の組み合わせでした。

PCについては、配信ならほんとうはMacよりもWindows機のほうがやりやすく、しかもコスパがいいはずです。ただし絶対的な性能は必要なので、ゲーミングPCなど「やりすぎ」くらいのスペックのPCを用意するのをおすすめします。

それでもぜんぶで50万ほどあれば必要な機材は揃います。大学などある程度大きな組織であればどーんと揃えちゃえばいいんじゃないでしょうか。

オペ

講師の先生の研究室にお邪魔して設営して配信します。前もって下見に行って電源やLANの接続、明るさなどを確認しておきました。

毎回だいたい45分前から準備開始です。何もなければ時間的には余裕、何かトラブルがあってもリカバリー可能な時間です。

開始前
  • 機材設営(20分程度)後、ライブ配信テスト
  • 30分前:ツイッターで「このあとすぐ!」的ツイート
  • 5分前:カメラ録画開始 (念のため録画もしていました)
  • 3分前:Zoomミーティング開始 (YouTubeでの配信と同時に、少人数の学生さん相手にZoomも開いていました)
  • 2分前:YouTubeライブ配信開始 (流すのは画像スライドショー)
  • 1分前:iPhoneからTwitterライブ開始 (YouTubeへの誘導の役割)
  • 定刻:YouTubeをカメラ映像に切り替え、講義開始
講義中

じっさいに配信された動画はこちらからご覧ください。

  • 先生はスライドを操作しながら講義に集中
  • スイッチャーでカメラ画像・スライド・Picture in Pictureを切り替える
  • YouTubeチャット欄を中心に、ツイッター、Zoom、メールをチェック (家で見てるスタッフからメールでトラブル報告が来たりする)
  • チャット欄から質問を抜き出し、メモアプリにコピペする
  • 参考リンクをはったり、適当なコメントをしたり、チャット欄でちょっと遊ぶ
  • 質疑応答の時間になったらiPadを先生に渡し、メモアプリで質問を見て答えてもらう

けっこう忙しいです。ですが、これくらいなら分業するほどのものでもないかなと思います。分業したほうが意思疎通がめんどくさそうです。

終了後
  • 講義が終了したら、画像スライドショーに切り替えて配信は継続
  • Twitterライブ、カメラ録画は終了
  • YouTubeチャット欄に「ありがとうございました、次回もよろしく」コメントをして、YouTube配信終了
  • Zoomの学生さんたちと先生の質疑応答→Zoomも終了
  • 撤収

機材運搬・設営・撤収は多くの回で学生さんアルバイト1人に手伝ってもらいました。配信中の作業はワンオペです。アルバイト無しで1人で1日2回設営・配信・撤収をやると心身にかなりのダメージがあります笑

ソフトウェア:OBS

基本は、Atem Mini Proからの映像音声を受け取って、OBSYouTubeに配信します。配信用の主なパラメータ設定は以下のとおりです。

  • 映像ビットレート:6000kbps
  • エンコーダ:ソフトウェアエンコーダ (x264)
  • 音声ビットレート:160
  • エンコーダプリセット:medium
  • 音声サンプリングレート:48kHz
  • 基本(キャンバス)解像度:1920x1080
  • 出力(スケーリング)解像度:1920x1080

最初はもっと低いビットレート(たしか2000)でやっていたのですが、ネットやCPUの速度の様子を見ていると大丈夫そうだったので6000に上げました。少し映像はよくなった気がします。ネットは基本的に有線で約1Gbps出てたので余裕でしたし、CPU使用率は10%程度くらいに収まってました。もうちょっと攻められたかも。

OBSではその他に次のような機能を使いました。

  • 授業開始前と開始後に流すスライドショー (ソース→画像スライドショー)
  • PC内に保存している動画の再生 (ソース→メディアソース)
  • Slido (後述)のウィンドウキャプチャ (ソース→ウィンドウキャプチャ)

その他のソフトウェア

Zoom

Zoomに流す映像音声はNDI Virtual Input というプラグインを使って、OBSからのアウトプット(YouTubeへ配信するものと同じもの)を流していました。Zoomは電力を食うし、映像音声もあまりきれいでないので好きではありません。ただものすごいスピードで進化しているので目が離せません。

Slido

アンケート投票ウェブアプリです。リアルタイムで投票結果が表示されるので、参加体験マシマシです。カメラ・スライド映像との切り替えに気を遣いますが、それに見合うリターンはあります。詳しくは以下のエントリをどうぞ。

takuro-logic.hatenablog.com

メモ

macOS標準のメモアプリです。YouTubeライブのチャット欄から質問をコピペします(MBP上)。すると、iCloudを通じてiPadのメモアプリにそれが反映されます。質疑応答の時間中にどんどん来る質問もこれでリアルタイムに先生に伝達できました。便利。

 

前エントリ

takuro-logic.hatenablog.com

で述べたように、今回ここまでできたのは、私がかなり都合のよいポジションにいたからだと思うので、これからの課題はどうやって制度化するかですね。講義中の配信操作をする人間が純粋な技術スタッフでもなく純粋に内容のみにかかわるわけでもないので、誰がそこをやるのか難しいところかなと思います。

オンライン講義YouTube配信実録(10)―完結編

とくに新しい情報もないですが、シリーズ完結編です。合計26回のライブ配信、主に音ズレなど細かいことはあったものの、致命的なトラブルはなく終えることができました。開始3分前までネットが繋がらないとかいうヒヤリハット事案もあったんですが(わはは)、表面化しなくてよかったです。

とくに気をつけていたわけでもないですが、体調を崩すことなく完走できたのもホッとしました。時節柄、熱なんか出すとすべてストップしてしまいますからね。機材運びでギックリ腰やらずに済んだのも助かりました。

今回のシリーズでは、配信の技術的な事柄はほぼぜんぶ自分でやったんですが、やはりなかなかたいへんでした。それでも何とかなったのは:

  • ふだんからYouTubeを見まくっているせいで、カメラ、ガジェットや配信方法についてそれなりに知識があった
  • もともと遊軍的なポジションで比較的自由にできる時間があるのでそれを注ぎ込めた (自分の研究はできないし授業動画制作と重なって死、でしたが)
  • 裁量労働制()

などの要因があったからだと思います。レギュラーな仕事や会議の詰まっている教員や事務の方では難しいかなあという印象です。もちろん大学にはスーパーな方々が多数おられるのでやれてしまうんでしょうが、スーパーな方々のがんばりに期待するのはよくないです。

(で、これだけ時間注ぎ込んでも、ツイキャスとかインスタライブとかどうなのとか、調べられなかったことたくさんだし、ほんと時間が足りないですね。)

とはいえ、何と言ってもふだんとは桁違いの方々、そしてふだんとはちがう層の方々に見ていただけるので、ものすごくやりがいのある仕事ではありました。先生方の講義の素晴らしさありきの話ですが、やはりインターネットというのはすごいですね。ハード・ソフトの進歩もすごい。いったんこれを知ってしまったら元には戻れない感じです。ニューノーマル

これからどうなるんでしょうね。ノウハウ共有して戦力を増強したいところですが、さて。

f:id:takuro_logic:20200830223540j:plain